セルフでできるダーマローラーは効果ある?ダーマローラーの使い方や本物の見分け方を徹底解説!

ダーマローラーとは


ダーマローラーとはステンレスでできた、

医療用の極細針がついたローラーです。


200本程の針を肌の表面で転がし、人工的に無数の刺傷をつけ肌の再生を促す、という少し原始的な美容治療です。

ダーマローラによって傷ついた肌が治癒する過程で、成長因子や新しい毛細血管・コラーゲンが生成されます。



このコラーゲンの働きによって肌の弾力や小じわ、ニキビ跡が改善されるので、ダーマローラーはあらゆる肌の悩みを解決すると注目されているのです。

ダーマローラーは顔だけでなく、首や体にも使用することができますよ。

また穴があいた状態の肌にビタミンCやヒアルロン酸などの美容液を塗布すると、角質奥までしっかり浸透するので、高い美容効果が得られます。

 

ダーマローラーの種類

ダーマローラーの針の長さには0.25mm /0.5mm /1.0mm /1.5mm /2.0mmとあり、目的に目的に応じて種類を選択します。


下記の表は目安ですが、肌の悩みに合わせて適切な長さを選びましょう。

長さ 効果 
0.25mm 
小じわ
0.5mm
小じわ、毛穴、色素沈着、ニキビ跡、シミ
1.0mm
しわ、毛穴、色素沈着、ニキビ跡、シミ、セルライト
1.5mm以上
セルライト、深い傷跡


顔や首など皮膚が薄い部位に使用する時は、0.5mmのダーマローラーが良いでしょう。

身体は顔に比べて皮膚が厚いので、1.0mmまたは1.5mmがおすすめです。

針の長さが長いほど痛みが強く、ダウンタイムが長くなるので注意してくださいね。

ダーマローラーとダーマペンとの違いは?


(出典:http://minato.mio.holy.jp/?eid=504)

ダーマローラーと同じ原理で肌に穴を開ける治療に『ダーマペン』があります。

ダーマペンはペン先に針がついており、細かい部分までアプローチできるのが特徴です。


小鼻の周りの毛穴が気になっている人には、ダーマペンが使いやすいでしょう。



しかしダーマペンは、一度に刺せる範囲が狭いのでダーマローラーに比べて時間がかかってしまいます。



どちらにもメリットとデメリットがあるので、用途と目的によって使い分けるのも良いですね。

ダーマローラー治療は皮膚科でも人気


(出典:城本クリニック

ダーマローラー治療は、美容皮膚科クリニックでも人気のメニューです。



クリニックでは肌の状況に合わせて適切な治療を行ってくれるので、リスクが少なく安心です。

ダーマローラーの効果が気になる人は、まずはクリニックで治療を受けてみるのも良いでしょう。

しかしクリニックでは1回数万円かかることがほとんどですので、

セルフで行えば大幅に費用を抑えることができます。

1本1,000円程度のダーマローラーは消毒して繰り返し使えるので、

コストパフォーマンスの良さは抜群ですよ。

またクリニックに通う時間がない方も、

自分のペースでできるのも嬉しいですよね。


セルフダーマローラーの準備物

自宅でダーマローラーをする時に、必要なものは下記の通りです。


・ダーマローラー(目的に合わせた長さのもの)※
・消毒液※
・麻酔クリーム
・サランラップ
・保湿クリーム※
・成長因子 / 美容液※
※必須

最初は準備するものがいくつかありますが、一度揃えてしまえば繰り返し使えるので、コストはほとんどかかりません。

施術後は肌が非常に敏感になるので、保湿クリームを必ず準備しましょう。

セルフダーマローラーの方法


(出典:元国際線CAぱんだ

ダーマローラーは洗顔後の清潔な状態で行いましょう。

1.麻酔クリームを塗り上からラップを載せます。
約30分放置します。

2.麻酔が効くまでにダーマローラーの消毒をします。
ローラーの針が全て浸かるように、約10分消毒します。

3.麻酔クリームを拭き取り、施術部位を消毒液で拭き取ります。

4.施術部位にローラーを、左右・上下・斜めと3〜5往復程度転がします。
力は入れすぎす、全顔5分で終わるように心がけます。

5.好みの美容液を浸透させます。

6.最後に保湿クリームをしっかり塗りましょう。

7.ダーマローラーを消毒し保管します。

 

ダーマローラーの注意事項

・消毒をしっかり行う
・保湿/紫外線対策を徹底する
・トラブル肌には使用しない

消毒をしっかり行う
セルフでダーマローラーをする時は、消毒がとっても大事です。清潔な状態で使わないと感染症などの原因になってしまいます。
せっかくの綺麗になろうと行ったダーマローラーで、肌トラブルを起こしては元も子もありませんよね。
消毒液はイソプロピルアルコール70%以上のものを選ぶようにしましょう。

<保湿/紫外線対策を徹底する>
施術後数日間は肌のカサつきが続きます。個人差はありますが、1週間程度でカサつきは落ち着き肌が綺麗になったのが実感できますよ。
施術後の肌はダメージを受けた状態なので、普段より念入りに保湿ケアと紫外線対策を行いましょう。

<トラブル肌には使用しない>
美容効果の高いダーマローラーですが、トラブルのある肌には使用ができません。
特に炎症ニキビの上からローラーを転がすとニキビ菌が広がり悪化するので注意しましょう。
敏感肌や日焼け肌の方もリスクが高くなるので、セルフ治療を避けるのが良いでしょう。

ダーマローラーは肌が悪化する?

ダーマローラーは使い方を間違えると、肌が悪化してしまうことがあります。


肌が悪化したと感じる理由
・ダーマローラーのやりすぎ
・炎症した肌の上から使用した
・ダウンタイム中



ダーマローラーのやりすぎ

ダーマローラーで肌が悪化する一つ目の原因は、ダーマローラーのやり過ぎが挙げられます。
肌を早く改善したい思いが強いと、つい針の長いものを使用したり短い間隔でやりたくなります。

しかしダーマローラー使用後、まだ肌が回復していない状態で頻繁にやると、肌の改善どころか新しい傷ができてしまうことがあります。
ダーマローラーは肌が回復する過程で綺麗になるので、やり過ぎないように注意しましょう。


ダーマローラーを炎症した肌の上から使用した

ダーマローラーは赤にきびなど、炎症した肌の上から使用することはできません。炎症ニキビにローラーを使用すると、クレーターになる危険性が高まるので絶対にやめましょう。



ダウンタイム中のダーマローラー

ダウンタイム中は一時的に肌が悪化したと感じることがあります。
赤みや乾燥が原因ですが、皮めくれまで起こってしまうと、結構見た目は汚くなります。
化粧ノリも悪くなるので、大事な約束がある日は避けるようにしましょう。

ダーマローラー正規品の見分け方

インターネットで買えるダーマーローラーの中には、偽物が存在するので注意しなければなりません。

偽物のダーマローラーは、かえって肌が悪化しトラブルの元になることがあるので、しっかり見極めて購入しましょう。

ダーマローラーの本物と偽物を見分ける際には、まず針の先端を確認します。

(出典:元国際線CAぱんだ

正規品は針1本1本が独立しているのに対して、偽物はナイフのような形をしていますよ。

もともとダーマローラーは肌に細かい穴を開ける医療行為ですが、ナイフ状の針ではしっかり肌に穴を刺すことができないのです。

また本物のダーマローラーは針が約200本ついていますが、偽物は500本以上など本数が明らかに多いのも特徴です。

 

ダーマローラのおすすめ商品


(出典:楽天
約2,500円

約2,500円

192本のチタン合金針のついたGTSローラー。
針が1本ずつ独立していて、本体も軽くて使いやすいです。
針の長さは0.2mm〜3.0mmの中から選べるのも嬉しいですね。

 


(出典:オオサカ堂
約2,623円

DNSローラーは個人輸入の代行サイト『オオサカ堂』で購入ができます。
複数買うほど1本当たりの金額が安くなるので、まとめ買いを考えている人におすすめですよ。

 

ダーマローラーが美容液セットになったスペシャルケア商品もあります。

韓国で人気のYOU&MEから発売されている、

ベベトックスアンプル 4週間プログラム:10ML×4セットです。

13,900円

>>商品はこちら

 

いかがでしたか?

正しくダーマローラーを使い、

毛穴レスなお肌を目指しましょう!